購買部門

2020.12.04

最適なSCMの構築による部材安定供給及び、部材輸送で発生する二酸化炭素排出量の削減

・昨今の国内外の外部環境の変化に対応した最適なSCMの構築は、BCPの観点から、喫緊の課題となっております。

 (SDGs該当項目12.4、13)

・また同時に、調達時に発生する二酸化炭素の削減による大気汚染を減少させる活動にもいかに貢献するかも大きな

 課題です。(SDGs該当項目7,13)

・今後、弊社購買部門におきましては、上記観点から部材選定を実施してまいります。

一覧へ